2022年度9月定例役員会 資料

■特別報告

 赤い羽根共同募金について(募金箱配布)   


■執行役会

 ●大阪湾岸道路西伸部における水道管の損傷事故について

  阪神高速道路株式会社Webサイト 

  参考資料へ


■事業部

●夏祭りアンケート報告

●文化フェスティバルサポート委員選任依頼等


■生活安全部

●防災担当者会議 報告

●ふっQ水栓訓練報告


■環境部

●秋のクリーン大作戦

●街路灯点検依頼事項


■総務部

●自治懇談会意見集約結果報告


■広報部

●サマーイブニングカーニバル(SEC)夏祭り写真掲載のお知らせ

●第9回フォトコンテスト作品募集中

●YouTubeコンテンツ掲載報告

 

■その他

■役員会資料(PDF)

 各街区管理組合理事会での閲覧活用以外の利用はご遠慮ください。

■特別報告

ダウンロード
R4赤い羽根取組.pdf
PDFファイル 113.9 KB

■事業部

ダウンロード
9月度 役員会:RIC文化フェスティバル サポート委員 選出依頼 (1).pdf
PDFファイル 333.3 KB

■生活安全部

ダウンロード
220924役員会生活安全部資料.pdf
PDFファイル 1.3 MB

■環境部

ダウンロード
2022年秋クリーン大作戦-冬街路灯点検.pdf
PDFファイル 588.7 KB

■総務部

ダウンロード
2 20220924役員会報告 要望事項取り纏め結果.pdf
PDFファイル 182.1 KB

■広報部

ダウンロード
定例役員会広報部20220924資料.pdf
PDFファイル 867.6 KB



<個人情報保護法について> 神戸市HPより

個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)とは

個人情報保護法では、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的として、個人情報の適正な取扱いに関する基本理念、個人情報を取扱う事業者(個人情報取扱事業者)が守るべきルール等を定めています。

個人情報保護法に則った個人情報の取扱いについては、国の個人情報保護委員会が一元的に管轄し、事業者への監督やルールの周知を行なっています。

なお、個人情報保護法は民間分野の個人情報の取扱いについて定めており、国の行政機関の保有する個人情報は「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(行政機関個人情報保護法)」において、地方公共団体が保有する個人情報は「個人情報保護条例」において、その取扱いルールを定めています。

個人情報保護法の適用を受ける個人情報取扱事業者とは

個人情報をデータベース化して事業活動に利用している事業者をいいます。

「データベース」とは、電子媒体に限らず、目次や索引で検索可能なように整理した紙媒体による台帳等も含まれます。

また法人に限定されず、営利・非営利を問いませんので、NPOや自治会等も該当します。

個人情報取扱事業者が守るべき基本ルール

個人情報を取得するときは、何に使うかを決めて、本人に伝える。

個人情報を適正な手段で取得する。

取得した個人情報は決めた目的以外のことには使わない。

取得した個人情報は安全に管理する。

個人情報を第三者へ提供するときは、本人の同意を得る。

本人から、事業者が保有している本人に関する個人データの開示請求等があれば、対応しなければならない。